メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「早くプレーしたい」中日、根尾がユニホーム姿で入団発表

中日の新入団選手記者会見であいさつする根尾昂内野手=名古屋市内のホテルで2018年12月8日午前10時4分、兵藤公治撮影

[PR]

 プロ野球・中日の新人6選手の入団発表が8日、名古屋市のホテルで行われ、10月の新人選手選択(ドラフト)会議で1位指名を受けた根尾昂内野手(18)が、背番号「7」のユニホーム姿を初披露した。

 根尾は岐阜県飛騨市出身。大阪桐蔭高では卓越した打撃と守備に加え投手としても力を発揮し、春夏計3度の甲子園優勝に貢献した。ドラフト会議は4球団が競合し、中日が抽選で交渉権を獲得した。11月の仮契約後の記者会見では「ショート一本でいく」と宣言。中日では遊撃手としてレギュラー獲得を目指す。

 この日の記者会見で根尾は「真新しいユニホームを着て、早くグラウンドでプレーしたいという気持ちになった」と晴れやかな表情で話した。【梶原遊】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです