メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川が初優勝 空手全日本選手権

女子組手団体決勝で岡崎愛佳(静岡、右)を攻める植草歩(千葉)=東京都足立区の東京武道館で2018年12月8日、宮武祐希撮影

 2020年東京五輪で初めて行われる空手の全日本選手権は8日、東京武道館で都道府県別で争う組手団体が行われ、男子は神奈川が決勝で千葉を3―0で破り、初優勝を飾った。08年に団体戦が導入されて以来10連覇中だった京都は3回戦で三重に敗れた。

 女子は決勝で、16年世界選手権女子組手68キロ超級で優勝した植草歩(JAL)を擁する千葉が静岡を降し、3年連続4回目の優勝を果たした。

 最終日の9日は日本武道館で男女の個人組手と形が行われる。東京五輪では、団体戦は実施されない。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです