メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

QBEシュートアウト

デシャンボー/ナ組、キザー/ハーマン組、マクドウェル/グリロ組が首位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

QBEシュートアウト 初日

QBEシュートアウト/フロリダ州 ティブロンGC

 ブライソン・デシャンボー/ケビン・ナ組、パットン・キザー/ブライアン・ハーマン組、グレーム・マクドウェル/エミリアーノ・グリロ組の3チームが初日、13アンダー59(パー72)で首位タイに並んだ。

MORE:QBEシュートアウトの最新スコアはここをクリック!

デシャンボー/ナ組 13アンダー首位タイ

 1番パー5、3番パー4、5番パー3~8番パー3、11番パー4、13番パー4、15番パー4~17番パー5でバーディを獲得。14番パー5ではイーグルを奪い、最後の6ホールを6アンダーでプレーした。

 デシャンボーは今大会2回目の出場。前回の2016年大会ではレキシー・トンプソンとコンビを組み、11位タイでフィニッシュした。

 2017-2018年シーズンのデシャンボーは優勝3回、トップ10フィニッシュ9回の活躍を見せ、フェデックスカップ・ランキング3位に入った。

 今シーズン初戦となったシュライナーズ・ホスピタルズ・フォー・チルドレン・オープンでもツアー通算5勝目を挙げた。

 ナは今大会初出場。2017-2018年シーズンはトップ10フィニッシュを4回果たし、ミリタリー・トリビュート・アット・ザ・グリーンブライヤーではツアー通算2勝目を挙げた。フェデックスカップ・ランキングは28位だった。

 今シーズンは4試合に出場し、CIMBクラシックの19位タイが最高となっている。

パットン・キザー(写真)/ブライアン・ハーマン組も13アンダー首位タイ Photo by Rob Carr/Getty Images

キザー/ハーマン組 13アンダー首位タイ

 今大会に初コンビで出場したキザー/ハーマン組。1番パー5~4番パー4、6番パー5、7番パー4、10番パー4~12番パー3、14番パー5、16番パー3~18番パー4で、合計13個のバーディを奪った(ノーボギー)。

 キザーは今大会初出場だが、ハーマンは2017年大会でパット・ペレスとのコンビで出場。3位タイでフィニッシュしている。

 キザーは、2017年OHLクラシック・アット・マヤコバ、2018年ソニー・オープン・イン・ハワイで優勝し、フェデックスカップ・ランキング30位で2017-2018年シーズンを終えた。

 ハーマンは2017-2018年シーズンにトップ10フィニッシュを8回果たし、自己ベスト記録を更新した。フェデックスカップ・ランキングは48位だった。

 キザーは今シーズンに入って4試合に出場しているが、現在のホームタウンであるジョージア州シーアイランドで開催されたRSMクラシックの15位タイが最高だ。

 ジョージア州セント・サイモンズ島に住むハーマンも、RSMクラシックで32位タイと今シーズンの4試合でベストの結果を残した。

 今大会ではこれまでに、初日に首位または首位タイにつけたチームが優勝したケースが15回ある。昨年もスティーブ・ストリッカー/ショーン・オヘア組が初日に首位に立ち、優勝カップを手にしている。

グレーム・マクドウェル(写真)/エミリアーノ・グリロ組も13アンダー首位タイ Photo by Streeter Lecka/Getty Images

マクドウェル/グリロ組 13アンダー首位タイ

 1番パー5でイーグル発進。2番パー4、4番パー4、6番パー5~10番パー4、13番パー4、14番パー5、16番パー3~18番パー4でバーディを奪った。ボギーは5番パー3の1個だけだった。

 マクドウェルは今大会7回目の出場。シェーン・ローリーとコンビを組んだ2017年大会と、ダレン・クラークとコンビを組んだ2010年大会で2位フィニッシュを果たしている。

 一方のグリロは今大会初出場。今シーズンはこれまで5試合に出場し、トップ15フィニッシュを3回達成している。CIMBクラシックでは2位タイでフィニッシュしている。

 マクドウェルは直近のRSMクラシックで11位タイに入った。

レキシー・トンプソン(写真)/トニー・フィナウ組は首位と2打差の11アンダー4位タイ Photo by Michael Reaves/Getty Images

トンプソン/フィナウ組 11アンダー4位タイ

 レキシー・トンプソンは、今大会に出場した女子選手としては2人目。初めて出場した女子選手は、2006年大会でフレッド・カプルスとコンビを組んだアニカ・ソレンスタムだ。

 トンプソン/フィナウ組は昨年、4位タイでフィニッシュした。この日は、1番パー5~4番パー4、6番パー5、8番パー3、10番パー4、11番パー4、13番パー4、14番パー5、17番パー5でバーディを奪った。

 トンプソンは先月、CMEグループ・ツアー選手権で後続に4打差をつけて優勝。LPGAツアー通算10勝目を挙げた。

 フィナウは昨シーズン、トップ10フィニッシュを11回果たし、フェデックスカップ・ランキング6位に食い込んだ。

 今シーズンは3試合に出場し、WGC-HSBCチャンピオンズではプレーオフで惜しくもザンダー・シャウフェレに敗れている。

 非公式試合である直近のヒーロー・ワールドチャレンジでは2位に入り、世界ランキング9位に浮上している。

スティーブ・ストリッカー(写真)/ショーン・オヘア組は首位と3打差の10アンダー7位タイ Photo by Tasos Katopodis/Getty Images

ストリッカー/オヘア組 10アンダー7位タイ

 前年覇者のスティーブ・ストリッカー/ショーン・オヘア組は、1番パー5、6番パー5、8番パー3、9番パー4、13番パー4、14番パー5、17番パー5、18番パー4でバーディを奪った。

 10番パー4では、ストリッカーが第2打をフェアウェイからカップに沈めてイーグルを奪った。

 昨年大会の初日、ストリッカー/オヘア組のスコアは15アンダー57。2位に1打差の単独首位発進を果たし、そのまま勝利を挙げた。

 ストリッカー/オヘア組が優勝すれば、大会連覇を果たすのは史上3組目となる。ブラッド・ファクソン/スコット・マッキャロン組は2000年と2001年、ジェフ・スルーマン/ハンク・クーン組が2003年と2004年にそれぞれ連覇を記録している。

 初日はスクランブル方式(すべてのショットを2人が打ち、どちらかのボールを選び、2打目以降も選んだライから2人が打ってどちらかを選ぶ)で行われた。

 2日目はモディファイド・オルタネートショット方式(ティーショットは2人とも打ち、どちらかのボールを選び、2打目は選ばれなかったほうが打ち、以降は1つのボールを交互にプレーする)で行われる。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです