メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キンボール

利府で全国大会 98チーム白熱プレー /宮城

 直径1・2メートルのボールを使って3チーム対抗で得点を競うキンボールスポーツの全国大会「第19回ジャパンオープン・フレンドリーカップ」が8日、利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで開幕した。北海道から沖縄県まで全国の98チーム約500人が出場し、白熱したチームプレーを繰り広げた。

 県内開催は2005年以来2回目。チームは4人構成。3人で球を支え、もう1人が「オムニキン、ブラック」などと、狙うチームのゼッケン色をコールして球を打つ。呼ばれたチームはボールが床に付く前にレシーブできれば次はヒットに回れるが、ボールが床につけば他の2チームに得点が入る。

 この日は小学生や初心者、一般の部があった。複数の小学校混合チームで臨んだ地元利府の小学6年、嶺岸奏(かなで)さん(12)は「練習してきた力を出し切ったが、相手はもっと強かった。守備を強くするために強いボールも取りにいかなければ」。同6年の竹下和花(まどか)さん(12)は「いろんな学校の子と対戦し仲良くなれて楽しい。ボールを強く、遠くに飛ばせるようになりたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです