メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
松明あかし

季語に 「俳句歳時記 第5版 冬」に掲載 須賀川市の伝統行事、県内から40年ぶり /福島

 「俳句のまち」をPRしている須賀川市の伝統行事「松明(たいまつ)あかし」が、11月に発売された角川書店編「俳句歳時記 第5版 冬」に季語として掲載された。市文化振興課は「これを機に、俳句活動が一層活発になることを期待したい」と話している。

 松明あかしは16世紀、伊達政宗が須賀川城に攻め込もうとした際、城主だった二階堂氏の家臣や領民が松明を持って集まり、籠城(ろうじょう)を決めたのが由来とされる。その後、合戦の犠牲者を弔う行事になった。現在では、毎年11月第2土…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです