メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城復元

バリアフリー問題 行政は聞く耳持って 識者らシンポで意見 /愛知

 名古屋城木造復元のバリアフリー問題について考えるシンポジウムが8日、名古屋市内で開かれた。ユニバーサルデザイン研究の第一人者で東洋大ライフデザイン学部の高橋儀平教授が基調講演し、「行政や建物の設計者は障害者の生活や移動への理解、ニーズのすべてを理解しようとしなくても聞く耳を持つことが重要だ」と述べた。【道永竜命】

 高橋教授は、長野県の善光寺や群馬県の富岡製糸場、沖縄県の首里城、中国の万里の長城、ローマのコロッセ…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです