メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

津の造本作家 鈴木敬子さん /三重

「世界に1冊」の喜びを 鈴木敬子さん

 フランス語で製本を意味する「ルリユール」。麻糸で本をつづったり、和紙などで表紙を装飾したりするなど、市販本などを手仕事で好みの形に仕立て直す。日本ではなじみは少ないが、津市在住の鈴木敬子さんは造本作家として活動しており、月に2回の造本教室も開いている。「小さい本から大きな本まで、好きな素材、サイズで自分の思う1冊ができることの喜びを、多くの人に知ってほしい」と語る。【谷口豪】

 小さい頃から、もの作りが好きだったという鈴木さん。父親の影響が大きかったという。「手先が器用で、も…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです