連載

View+

「展望」「風景」「考え」など、さまざまな意味を持つ「View」という単語。写真部記者が多面的に大阪を写します。

連載一覧

View+

外国人観光客ら茶道や忍者体験… 文化、歴史に触れる /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茶道体験に参加した外国人旅行客ら=大阪市西区の「MAIKOYA OSAKA」で、平川義之撮影
茶道体験に参加した外国人旅行客ら=大阪市西区の「MAIKOYA OSAKA」で、平川義之撮影

 訪日外国人(インバウンド)のニーズが多様化し、日本文化を知りたいという人も多くなっている。大阪では文化体験施設が増え、外国人たちが楽しんでいる。

 大阪市西区の「MAIKOYA OSAKA」は、茶道や着付けなどが体験できる。昨年9月、オフィスビルを改装して開店した。茶道は、語学堪能なスタッフが丁寧に教え、参加者自ら抹茶をたてる。オーストラリア人のジェニーン・クラークさん(41)は「日本に来たからには茶道を体験したかった。すばらしい経験になった」。

 大阪市西成区の「忍者堂」。忍者の衣装を着て、手裏剣や剣術の体験ができる。代表の辻村博志さん(45)が、忍者や侍を題材にした日本の漫画やゲームが海外で人気であることに着目して始めた。「楽しみながら日本の文化や歴史に触れてもらえれば」と話す。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文624文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集