メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太平洋戦争

開戦77年 市民団体、「赤紙」チラシで反戦訴え 松山 /愛媛

当時の「赤紙」を印刷したチラシを通行人に手渡すえひめ母親連絡会のメンバー(左)=松山市の大街道商店街で、中川祐一撮影

 真珠湾攻撃で太平洋戦争が開戦してから77年となった8日、県内の女性でつくる「えひめ母親連絡会」が松山市の大街道商店街で、戦時中の召集令状「赤紙」を印刷したチラシを配って反戦を訴えた。

 全国で反戦を訴える「武器はいらない 核もいらない12・8平和を守る母親全国連鎖行動」の一環。メンバー4人が街頭に立…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです