メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

党内反対勢力も存在感 与党党首、小差でメルケル派

 【ベルリン中西啓介】ドイツの国政最大与党・キリスト教民主同盟(CDU)は7日、北部ハンブルクでの党大会で、メルケル首相の後任党首に首相の後継者とされるクランプカレンバウアー党幹事長を選出した。クランプカレンバウアー氏はメルケル氏の穏健な中道路線継承を目指すが、得票率は約52%にとどまり、党内に「脱メルケル」を求める声が強いことも示された。政権継承候補の明確化で来春以降、政局が動くことになりそうだ。

 3候補による党首選では、1回目の投票で過半数に達する候補がおらず、クランプカレンバウアー氏と元党連…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです