幼児教育無償化

現場は7割反対

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来年10月から始まる幼児教育・保育無償化について、現場の保育士や幼稚園教諭の7割が反対しているとのアンケート調査がまとまった。保育士確保や保育園増設を求める声が多く上がった。

 調査は9月、転職支援会社「ウェルクス」(東京都台東区)が自社の求人情報サイト「保育のお仕事」利用者で、現役の保育士、幼稚園教諭を対象にインターネットで実施した。回答した687人のうち、67.1%が無償化に反対。賛成は32.9%だった。反対理由は、「業務負担の増加に不安を覚える」が74.0%で最多、以下「保育の質低下」(69.7%)、「待機児童の増加」(51.1%)--の順だった。

 千葉県市川市の認可保育園に勤める保育士女性(45)は、無償化で子どもを預けたいという家庭が増え、園の人手不足に拍車がかかるのではと懸念する。保育現場だけではなく、親の働き方を見直す必要性もあると指摘した。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文810文字)

あわせて読みたい

注目の特集