メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカー

J1参入プレーオフ決定戦 磐田、完勝にも淡々

 試合終了の笛に大きく喜ぶこともなく、淡々と握手をかわした磐田の名波監督。記者会見では「選手の気持ちの切り替えが素晴らしかった」。質問を受けない異例の対応で約9分間、思いを語った。

 力の差は明白だった。力強さ、精度、スピード。激しいプレスでボールを奪って終始優位に立ち、前半41分、抜け出した小川航がGKに倒され、PKで先制。後半35分には、田口がFKを決めて2点目を奪い、勝負は決した。

 1週間前の今季J1最終節、試合終了直前の失点で16位に転落した。「突き落とされた感覚は個人的にも、…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです