自衛隊

ドローン規制なし4割 「無防備」横田基地も… テロ対策強化へ法改正検討 陸海空87施設

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラスト・深澤かんな
イラスト・深澤かんな

 全国の主な自衛隊施設238カ所のうち87カ所(約37%)で、敷地の上空150メートル未満で小型無人機ドローンの飛行に関する航空法などの規制がないことが、防衛省の調査でわかった。中核組織である航空総隊司令部が置かれた空自横田基地や陸上総隊の日米共同部がある陸自座間駐屯地も含まれていた。世界的にテロ攻撃の危険性が高まる中、政府はドローン飛行禁止法を改正して規制を強化する方針。12月後半の関係省庁会議で協議する。【秋山信一】

 航空法は地上から150メートル以上の全空域、人口密集地区や飛行場滑走路の上空150メートル未満でのドローン飛行には、国土交通相の許可が必要だと定めている。毎日新聞が2月に防衛省に照会したことを受け、同省は陸海空自衛隊の施設で実態を初めて調査した。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文913文字)

あわせて読みたい

注目の特集