メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 同じ自由、対等な扱いを 作家・楊逸さん(54)

 日本がバブル時代だった31年前、留学生として来日しました。東京・新宿の日本語学校に通ったけれど、眠くて仕方なくて、勉強どころではなかった。そのくらい、深夜のアルバイトがきつかった。

 神奈川県秦野市の工場でコンピューターの外枠を作っていました。夕方5時から翌朝8時まで15時間、ベルトコンベヤーの前で作業をして、9800円をもらう。同僚は私と同じ中国人ばかりで、日本人と交流したり、文化に触れたりする機会はなかった。

 今、中国からの留学生は豊かになってアルバイトをしていない人もいる。でも、たくさんの技能実習生が工場…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです