メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

雅子さま55歳の文書 両陛下の振る舞い「心の糧」に 結婚25年、支えられ 平成最後の誕生日「感慨と寂しさ」

今年11月、秋の園遊会に臨まれた皇太子ご夫妻=東京都港区の赤坂御苑で、渡部直樹撮影

 9日に55歳になられた皇太子妃雅子さまは文書で、平成最後の誕生日への思いを「深い感慨とともに、ある種の寂しさを感じながら迎えようとしています」と感想を記した。皇室に入って26回目の誕生日。天皇、皇后両陛下や支えてくれた多くの人への感謝の気持ちをつづった。【高島博之】

 雅子さまは体調を崩した2003年以降は記者会見をしていないが、翌年から誕生日に感想を公表している。今回は約3300文字に及び、最も長い感想となった。

 皇后となる今後について「どれ程のお役に立てますのか心もとない気持ち」と明かす一方で、両陛下の振る舞いを近くで見てきたことを「心の糧」としていくとした。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです