メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

被爆女性に聞く 原爆と部落問題 差別と貧困、被害を深刻化=編集委員・戸田栄

 被爆地の被差別部落では、被害の様相が他地域と異なるのではないかという問題設定がある。当時の部落では多くの人が差別やそれに起因する貧困に苦しんでおり、被爆の問題でもそこを考えてみるのは重要だろう。原爆投下時、日本有数の都市型の大きな部落が、広島市西部にあった。この町で生涯を送り、地域の生活を改善する運動でも大きな役割を果たした被爆者の中西ハルエさん(89)に差別や被爆の体験談を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2651文字(全文2845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです