メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
追跡

重度障害者就労の壁 「介護者なしで業務遂行可能」見直しても 経済活動中、支援受けられず 「仕組み整備 国の責任」

 中央省庁や自治体で障害者を採用する際に「介護者なしで業務遂行が可能」という不適切な応募資格があった問題で、見直す動きが出ている。しかし、介護者が認められても、現行の公的な障害福祉サービスは勤務中に受けることができず、重度障害者の就労で大きなハードルとなる。専門家は「国は勤務中の介助の仕組みを整備すべきだ」と指摘する。【杣谷健太】

 「働いて社会に還元したいと思っているのに、どうすればいいのか」。神戸市灘区の自宅で障害福祉サービス…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1409文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです