メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
仕事の現場

俳優、歌手 亀梨和也さん 難しい役作りに日々もんもんと

 1999年放送の連続ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)で俳優デビュー。テレビ局のスタジオやロケ現場という「仕事場」に立ち続けて20年ほどになる。今年32歳で、世間的には若い部類に入るはずだが「20代の時とは心持ちが違う。あの時の勢い、まだ(物事が)よく見えていなかったという強さは、振り返るとすごい」と語る。「シンプルに言うと、子供の時って高い所からも飛び降りられるけれど、大人になると『けがするかも』と先のことも考えて、なかなか飛べなくなる」。ただ、それを分かった上で「飛び降りないといけない時もある。そのために、心身共に強くありたいと思うんです」。

 そんな彼が、初出演となるテレビ東京制作のスペシャルドラマに挑んだ。当「日曜くらぶ」で2001年から…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1195文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです