メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

米国から兵器爆買い 国民生活は負担増と削減一辺倒

 日常の気分転換で、スマートフォンのアプリケーションを使ってゲームをしていると、頼みもしない動画が始まり、別の、射撃やら戦闘やら殺し合いやらのゲームの宣伝を見せられることが多い。こういう表現を毎日毎日見せられていると、何か生命の尊厳に対する感覚が次第にまひしてしまうのではないかという不安を感じてしまう。

 戦争狂よりも平和ぼけを選択したい私の感覚で言えば、アメリカの銃社会は完全に異常だし、国が抱える病理…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです