メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「非弁」業者、全国で暗躍 債務整理で法律業務

非弁提携の主な構図

 弁護士資格のない事務員らに、債務整理などの法律業務を行わせる非弁活動が後を絶たない。背後にいるのは、弁護士の名義を利用して利益をあげる「非弁業者」だ。独立直後で運営に困る若手弁護士らが狙われ、法律事務所が実質的に乗っ取られるケースも。勧誘の仕組みが巧妙化しており、弁護士会が非弁業者の手口を会報で特集して注意を呼び掛けるほどだ。

 弁護士法は、弁護士の名前や判子を貸し出し、事件処理をする非弁業者に仕事を丸投げして報酬を分ける「非…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです