メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「非弁」業者、全国で暗躍 債務整理で法律業務

非弁提携の主な構図

 弁護士資格のない事務員らに、債務整理などの法律業務を行わせる非弁活動が後を絶たない。背後にいるのは、弁護士の名義を利用して利益をあげる「非弁業者」だ。独立直後で運営に困る若手弁護士らが狙われ、法律事務所が実質的に乗っ取られるケースも。勧誘の仕組みが巧妙化しており、弁護士会が非弁業者の手口を会報で特集して注意を呼び掛けるほどだ。

 弁護士法は、弁護士の名前や判子を貸し出し、事件処理をする非弁業者に仕事を丸投げして報酬を分ける「非弁提携」を禁じている。法曹関係者によると、非弁提携に手を染める弁護士はかつてベテランが多かったが、近年は若手が目立つ。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです