メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス事故、全国で相次ぐ 背景に人手不足や運転手の高齢化…健康管理急務

車両左側にぶつかった跡が残る観光バス=三重県尾鷲市古戸野町で午後1時47分、下村恵美撮影

 三重県紀北町の紀勢自動車道で11月15日、観光バスを運転していた男性運転手(46)が突然意識を失った。乗客が協力してバスを止め、けが人はいなかった。近年、運転手の健康問題に起因するバス事故が全国で相次いでいる。専門家は健康管理強化やバスへの安全装置設置など、ソフト・ハード両面で対応を急ぐよう求めている。【森田采花】

 「『ガタン』という音とともにバスが左側にぶつかり、その後、右に揺れた。トンネルの中で、車内は悲鳴に包まれた」。紀勢道の事故で乗客だった愛知県豊橋市の畑中国守さん(76)は振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです