メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス事故、全国で相次ぐ 背景に人手不足や運転手の高齢化…健康管理急務

車両左側にぶつかった跡が残る観光バス=三重県尾鷲市古戸野町で午後1時47分、下村恵美撮影

 三重県紀北町の紀勢自動車道で11月15日、観光バスを運転していた男性運転手(46)が突然意識を失った。乗客が協力してバスを止め、けが人はいなかった。近年、運転手の健康問題に起因するバス事故が全国で相次いでいる。専門家は健康管理強化やバスへの安全装置設置など、ソフト・ハード両面で対応を急ぐよう求めている。【森田采花】

 「『ガタン』という音とともにバスが左側にぶつかり、その後、右に揺れた。トンネルの中で、車内は悲鳴に…

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです