メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

補助犬はいま/上 五輪「アクセス」課題 「視点と工夫で社会変わる」

東海道新幹線の多目的室に入り、新大阪駅から東京駅へと向かう木村佳友さん、美智子さん夫妻と介助犬デイジー=JR新大阪駅で2018年5月22日、高尾具成撮影

 世界で初めて2度目のパラリンピックを迎える2020年東京大会。今年10月、大会の玄関口となる成田空港(千葉県)内の一室で、多くの盲導犬や介助犬、聴導犬が静かに床に伏せていた。その横で現役パラアスリートたちが盛んに意見を交わす。

 「競技場だけバリアフリー化しても、アクセスに必要な交通機関や最寄り駅が改善されなければレガシー(遺産)は残せない」「集団競技をする車椅子アスリートが別々の新幹線に分乗して順番に会場に向かったケースもある」

 アスリートたちは同空港で開催された「日本身体障害者補助犬学会」の参加者。02年5月の身体障害者補助犬法(補助犬法)成立以降では、障害者が参加する最大の行事を控え、関心の的は「何を変え、何を後世に残せるのか」にある。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです