メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

窃盗症という病気=永山悦子

 陸上の世界選手権女子マラソン元日本代表が、382円分の菓子を万引きしたとして有罪判決を受けた。昨年秋にも化粧品などの万引きで有罪判決を受け、執行猶予中だったが、裁判官は「窃盗症(クレプトマニア)の治療を続ければ、再犯防止に効果がある」として執行猶予を付けた。当然、犯罪は許されない。しかし、窃盗症の実態はほとんど知られていない。

 窃盗症とは、万引きで逮捕された人の4~24%にみられるという病気。赤城高原ホスピタル(群馬県渋川市…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです