メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

全日本選手権 香川5年ぶりV 男子組手

男子組手個人決勝、安藤(左)を攻める香川=梅村直承撮影

 2020年東京五輪で初めて実施される空手の全日本選手権は最終日の9日、東京・日本武道館で体重無差別の男女組手と形があった。男子組手は84キロ超級の香川幸允(テアトルアカデミー)が5年ぶり2回目の優勝。女子は16年世界選手権68キロ超級優勝の植草歩(JAL)が女子初の4連覇を果たした。

 男子形は世界選手権を3連覇した喜友名(きゆな)諒(劉衛流龍鳳会)が7連覇。女子は清水希容(ミキハウス)が6連覇を達成した。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです