メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 12月だ。師走だ。小さい頃、この漢字を習った時の衝撃よ。「しわす」って読むんかい!めっちゃ渋いやん! 普段ゆっくり歩きはる師匠が走らないといけないくらい忙しい時期のことと、意味と合わせて覚えればわかりやすいんじゃないか?良い子の諸君。

 「もー12月やで、1年早いわー」「今年は特に早かったわ」

 毎年絶対言うている。もはや流行語大賞、毎年ノミネートできるくらい言うている。でも改めて、しっかり言い放たせていただきます! 「本当に本当に、今年も一年早かったですね!」

 去年の1月の記憶まだ全然あるよ。今年、大きな転機があったわけでもなく、特にめちゃくちゃブレークするわけでもなく。今年の総括でさえも困るくらい、去年となんら変わりない。「今年はどんな年でしたか?」。困る……。「来年に向けての抱負は?」。困る……。皆さん、そんな毎年毎年抱負ってあるもんなんですか?

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです