メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無所属の会が解散、個別に立憲会派に合流へ 会派総会開く

[PR]

 衆院会派「無所属の会」(13人)は10日、国会内で会派総会を開き、立憲民主党会派に合流する方針を決めた。合流するかは個々の議員の判断に委ね、無所属の会は来年の通常国会までに解散する。岡田克也代表は記者会見で「今の野党の状況は残念ながら膠着(こうちゃく)している。打破するためには決断し、行動しなければならない」と述べた。

 同会は、野党第1会派の立憲に合流して野党再編の軸を作っていく方向性を確認した。会派同士の合併にあたる統一会派も検討されたが、「永田町内の談合」と見られることを懸念した立憲側が、組織間の協議を拒否したため、「個人の判断」で会派に合流する形に落ち着いた。

 既に岡田氏が立憲の枝野幸男代表に合流方針を伝えており、岡田氏も合流する見通しだ。ただ、昨年の衆院選で旧民進党が分裂した際のしこりから、無所属のままでの活動を志向する議員もおり、13人全員が合流するかは不透明だ。

 立憲の福山哲郎幹事長は国会内で記者団に対し、同会の大串博志幹事長から連絡を受けたとしたうえで、「政治経験を長く積み重ねられた大先輩もいるので判断を重く受け止めたい。政策理念に共鳴する人が一人一人加わることは歓迎する」と述べた。【遠藤修平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです