愛称は「しっぽの森」 さぬき動物愛護センター 香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
完成したさぬき動物愛護センターの外観=高松市東植田町で2018年12月3日午後0時15分、小川和久撮影
完成したさぬき動物愛護センターの外観=高松市東植田町で2018年12月3日午後0時15分、小川和久撮影

 香川県と高松市は、来年3月10日に同市東植田町に開所する「さぬき動物愛護センター」の愛称を「しっぽの森」に決定したと発表した。保健所に収容されている犬や猫に健康診断やワクチン接種などを施し、譲渡先となってくれる住民との出会いの場として活用していく。【小川和久】

 殺処分されてしまう犬や猫を減らそうと、県と市が昨年12月から建設工事を進めて先月末に完成した。鉄筋コンクリート造りの平屋建てで、面積は約940平方メートル。親しみやすいような愛称を全国に募集したところ1492通の応募があり、埼玉県の70代主婦、後藤いくさんの案が採用された。「しっぽ」は犬や猫の可愛らしさの象徴を表し、動物たちの生活の原…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文752文字)

あわせて読みたい

ニュース特集