メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」

「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試

医学部入試の不正問題について記者会見する順天堂大学の新井一学長(右)と代田浩之医学部長=東京都文京区で2018年12月10日午後4時51分、長谷川直亮撮影

[PR]

 「差別ではなく、男女間の差の補正と考えていた」。順天堂大は10日の記者会見で、医学部入試の2次試験で女子の受験生を一律に不利に扱ったことについて、文部科学省から指摘されるまで不適切との認識がなかったと明らかにした。開き直ったかのような釈明が相次ぎ、少なくとも10年前から続いた女子と多浪生への差別の根深さが浮かび上がった。

 「受験生、保護者に多大な心配と迷惑をかけ、深くおわびする」。新井一学長は会見の冒頭、頭を下げて謝罪した。

 順大は過去6年間の平均合格率が男子9.2%、女子5.5%で、男子の合格しやすさが女子の1.67倍だった。医学部を置く全国81大学で最も差が大きく、文科省が東京医科大(東京都)の不正入試発覚を受けて8月に実施した緊急調査で「不適入試の疑いがある」と指摘されていた。

1次試験で採用していた合格判定基準

 1次試験ではマークシートと記述の「一般A方式」で、学力試験に基づき約600人を合格としたが、純粋に成績順で通過したのは200位まで。201~600位を4段階に分け、女子と浪人に現役男子より不利になる基準を設けた。

 代田浩之・医学部長は女子の合格を抑制した理由に「女子寮の収容人数が少なかった」としたが、2017年に新たな女子寮が完成して問題が解消された後も、不利な扱いは続いた。浪人生については「一律に差別していたわけではなく。同じ得点なら現役を優先した」と説明した。

 また、2次試験でも男子と女子に0.5点差をつけ差別した理由については、面接試験(最高5点)を念頭に「女子の方が精神的な成熟が早く、相対的にコミュニケーション能力が高い傾向がある」とし、新井学長は「20歳を過ぎると差がなくなるというデータもあり、男子学生を救うという発想で補正した」と釈明した。

 これに対し、第三者委は報告書で、過去6年における面接の平均点の男女差が0・2点であることに言及し「0.5点の区別をつける理由として合理性がない」と一蹴した。

 順大は、文科省の調査に「(不適切な入試の運用は)ない」と回答していた。代田学部長は「当時は補正であって、一律の差でないという認識だった」と苦しい弁明に終始。新井学長は「私たちなりに根拠があり、大学の裁量と考えていたが、今後は全廃したい」と述べ、19年入試からこうした仕組みを撤廃することを明言した。1次では学力試験の成績のみに基づいて合格者を決め、2次の面接では面接官に必ず女性教員を加えるとした。

 今月28日までに追加合格者とされた48人の意向を確認し、希望した場合は19年4月入学とする。19年の大学入試センター試験利用方式などを含む140人の定員枠で対応する。【伊澤拓也、金秀蓮】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです