メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鉄剤注射

高校駅伝、血液検査報告を義務化へ 鉄剤注射懸念

 日本陸上競技連盟の尾県貢専務理事は9日、毎年12月に京都市で行われる全国高校駅伝競走大会(日本陸連、毎日新聞社など主催)で来年度から出場選手に血液検査結果の報告を義務づける意向を明らかにした。貧血治療用の鉄剤注射が内臓に機能障害を起こす恐れがあるとして使用自粛を要請していたが、その後も一部で継続して使っている懸念があるため。実施方法などを大会実行委員会で協議する見通し。

 鉄剤注射は極度の貧血などに用いられる処置で、ドーピング(禁止薬物使用)ではなく、かつては国内陸上界…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文521文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです