メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄剤注射

高校駅伝、血液検査報告を義務化へ 鉄剤注射懸念

 日本陸上競技連盟の尾県貢専務理事は9日、毎年12月に京都市で行われる全国高校駅伝競走大会(日本陸連、毎日新聞社など主催)で来年度から出場選手に血液検査結果の報告を義務づける意向を明らかにした。貧血治療用の鉄剤注射が内臓に機能障害を起こす恐れがあるとして使用自粛を要請していたが、その後も一部で継続して使っている懸念があるため。実施方法などを大会実行委員会で協議する見通し。

 鉄剤注射は極度の貧血などに用いられる処置で、ドーピング(禁止薬物使用)ではなく、かつては国内陸上界で使用例も多かった。毎日新聞が今月23日の全国高校駅伝を前に女子都道府県代表校などに実施したアンケートでも「医師の診断指示のもと注射の治療を受けた者もいる」「本人、医師、監督の判断で使用したこともある」との回答があった。しかし、鉄剤注射は100%体内に入るため過剰摂取の恐れがあり、臓器に沈着すると機…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです