メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

QBEシュートアウト

[速報]キザー/ハーマン組が通算30アンダーで勝利(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

QBEシュートアウト 最終日

QBEシュートアウト/フロリダ州 ティブロンGC

 ネイプルズ(フロリダ州)で開催されたQBEシュートアウト。日本人選手は出場しなかった。今大会はグレッグ・ノーマンがホストを務めるエキシビジョンマッチで、24選手が2人1組でチームとなり、3日間を異なる競技方式で戦い、順位を競った。

 最終日はベストボール方式(各選手が自分のボールをプレーし、いいほうのスコアがチームのスコアとして採用される)で行われた。

 パットン・キザー(米国)/ブライアン・ハーマン(米国)組が11アンダー61(パー72)をマークし、通算30アンダーで勝利を手にした。

MORE:QBEシュートアウトの最新スコアはここをクリック!

 キザー/ハーマン組は通算19アンダー首位タイで最終日を迎えた。1番パー5でバーディを先行させると、3番パー4、4番パー4、9番パー4でもバーディを加え、前半を4アンダーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4と11番パー4でバーディを重ねた後、13番パー4、14番パー5、15番パー4で3連続バーディを奪った。さらに17番パー5でイーグルを奪い、一歩抜け出した。

 結局、この日のスコアは1イーグル、9バーディ、ノーボギーの11アンダー61。通算30アンダーで今大会初勝利を挙げた。

グレーム・マクドウェル(写真)/エミリアーノ・グリロ組は首位と1打差の通算29アンダー2位だった Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images

 首位と1打差の通算29アンダー2位に、グレーム・マクドウェル(北アイルランド)/エミリアーノ・グリロ(アルゼンチン)組が入った。マクドウェル/グリロ組は10アンダー62でプレーしたが、1打及ばなかった。

 首位と2打差の通算28アンダー3位タイに、ルーク・リスト(米国)/チャールズ・ハウエルⅢ(米国)組、ケビン・ナ(米国)/ブライソン・デシャンボー(米国)組、ゲーリー・ウッドランド(米国)/チャーリー・ホフマン(米国)組の3チームが並んだ。

 女子選手として唯一出場したレキシー・トンプソン(米国)とトニー・フィナウ(米国)のコンビは、通算16アンダー6位で最終日を迎え、7アンダー65でプレー。通算23アンダー7位。

 前年覇者のスティーブ・ストリッカー(米国)/ショーン・オヘア(米国)組は、通算15アンダー7位タイで最終日を迎え、7アンダー65でプレー。通算22アンダー8位タイだった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです