メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

植草歩、女子組手史上初の4連覇「自分を褒めたい」(スポニチ)

空手 全日本選手権最終日(2018年12月9日 日本武道館)

 体重無差別で行われる組手と形の個人戦男女計4種目が行われ、女子組手では今年のアジア大会女子68キロ超級を制した植草歩(26=JAL)が、決勝で八頭司歩(21=宮崎産業経営大)を3-0で下し、女子組手では史上初の4連覇を達成した。植草は初戦から決勝まで5戦無失点での戴冠。11月の世界選手権(マドリード)は銀メダルだったが、今年最後の大舞台で留飲を下げた。

     試合中にもかかわらず、スマイルが止まらない。決勝開始56秒、植草は上段突きで先制点を奪い、まず笑顔。21秒後、再びポイントを奪い笑顔。攻め込まれた最終盤、残り3秒で三たび上段突きが決まり、また笑顔。女子では前人未到の4連覇を達成し「自分を褒めたい。(無失点は)凄いですね」と自画自賛してみせた。

     今年最大の目標だった11月の世界選手権で2連覇を逃した。帰国後はすぐにトレーニングを再開したが、周囲からは「顔(表情)が良くない」と指摘された。専属トレーナーからは「落ち込んでいるんだろう。空手から離れたいんだろう」とぐさりと刺さる言葉も浴びせられ、思った。「そう見えるということは弱い人だなと思った。弱い人間だと思われたくないと思った」

     これまで負け試合のビデオを見ることはなかったが、自分を変えるために敗戦した決勝を直視した。「動きが止まったり、突く時に肩が丸くなったり」と細かい修正点をリストアップ。その後は基礎に立ち返って稽古に励み、この日は寸止めルールの中でも明確にポイントになる突きを繰り返した。

     平成最後の皇后杯を獲得し、来年は早くも東京五輪プレシーズン。追加種目を名実ともに引っ張る女子組手のエースは「オールマイティーな植草と言われたい」とさらなる飛躍を誓った。

     ▽植草 歩(うえくさ・あゆみ)1992年(平4)7月25日生まれ、千葉県八街市出身の26歳。柏日体高-帝京大。小3で空手を始める。13年ワールドゲームス金メダル、16年世界選手権女子68キロ超級金メダル。今年はアジア大会で金、世界選手権は銀。東京五輪のポイントランキングでは女子61キロ超級で現在1位。今年1月からJAL所属。1メートル68、68キロ。家族は両親と姉。「きゃりーぱみゅぱみゅ似」として知られる。

     ≪形≫ 男子は喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が7連覇、女子は清水希容(ミキハウス、写真)が6連覇を達成した。いずれも4試合オール5-0勝ちの完全V。喜友名は「世界の誰よりも稽古をしており自信があった。(決勝は)最初の掌底(打ち)で決めてやろうと思った」と力強さあふれる演武を披露。形は来年からこれまでの旗判定から採点方式に変更される。すでに対策に取り組んでいるという清水は「もっとシンプルに見やすく、力強く。呼吸法も改善したい」と課題を挙げた。

     ≪組手男子≫ 香川幸允(ひでよし、テアトルアカデミー)が5年ぶり2度目の頂点をつかんだ。84キロ超級の体格を生かし、決勝では攻防の中で倒れた相手に突きを入れて勝負を決めた。今大会は84キロ級の荒賀龍太郎(荒賀道場)ら有力なライバルが不在。「絶対に獲らないといけなかった。勝てない時期もあったが5年ぶりに勝てて良かった」と笑顔で振り返った。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
    3. トランプ氏の大相撲観戦 国技館内外でピリピリ 当日券販売は通常の半分に
    4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
    5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです