メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

言葉がはずんで歌になる=小国綾子

精力的に合唱指導をする作曲家の大中恩さん=東京都新宿区で2015年6月7日、長谷川直亮撮影

 先日亡くなった作曲家、大中恩(めぐみ)さん(享年94)の「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」「おなかのへるうた」。どれも1960年ごろに作曲された童謡なのに、半世紀たった今なお色あせず愛されている。歌えば心があたたまり、元気がわいてくる。それはなぜ?

 大中さんのいとこで芥川賞作家の詩人、阪田寛夫さん(2005年死去、享年79)は著書「童謡でてこい」の中で、自分が詩を提供した「サッちゃん」の不思議な魅力について、こう書いている。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文934文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです