メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

言葉がはずんで歌になる=小国綾子

精力的に合唱指導をする作曲家の大中恩さん=東京都新宿区で2015年6月7日、長谷川直亮撮影

 先日亡くなった作曲家、大中恩(めぐみ)さん(享年94)の「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」「おなかのへるうた」。どれも1960年ごろに作曲された童謡なのに、半世紀たった今なお色あせず愛されている。歌えば心があたたまり、元気がわいてくる。それはなぜ?

 大中さんのいとこで芥川賞作家の詩人、阪田寛夫さん(2005年死去、享年79)は著書「童謡でてこい」の中で、自分が詩を提供した「サッちゃん」の不思議な魅力について、こう書いている。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです