メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読書日記

著者のことば ジョゼ・ルイス・ペイショットさん 土地に息づく記憶

ジョゼ・ルイス・ペイショットさん

 ■ガルヴェイアスの犬 ジョゼ・ルイス・ペイショットさん 木下真穂訳、新潮クレスト・ブックス・2052円

 ポルトガル内陸部の小さな村「ガルヴェイアス」に、ある日、謎の巨大物体が落ちてくる。物体は異臭を放ち、村は豪雨と干ばつに襲われた--。

 しかし本作はパニック小説ではない。この「名もない大きな物」がストーリーの奥底に横たわったまま、村の人々の日常がタペストリーのようにつづられていく。特に中心となる人物は置かず、一つの共同体が主人公の物語ともいえる。

 「一人一人を細かく描写することで、大きなユニット全体を見せるように挑戦しました。そのためには、人々…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文926文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです