メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1990年代の松竹、京都映画で、馬場正男は美術管理として大活躍する。美術監督の構想を実現するため、必要な資材や人手を手配するのが仕事だ。馬場は限られた予算でいかに見栄えのするセットを造るか、知恵を絞った。極意の一つは“もったいない精神”。「あるもんを使うんさ。腐った木でもね、それらしく作ったのと自然に腐ったのと、全然ちゃいます。火事現場や空襲の後の場面で、焼け残りの柱があるでしょ。ほんとに焼けたもんは、あちこち欠けてます。作り物は黒く塗ってあるだけ。一目で分かる」

 撮影所を一回りして、時には隣の東映まで足を延ばし、使えそうな資材を見つけてくる。どこに行けば何があ…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです