メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

’18ポーランド NGOのデモ低調 開催国が集会規制 世界有数の石炭産出地

COP24会場近くで開かれた「気候マーチ」に「サヨナラ・コール(石炭)!」と書かれた横断幕を掲げて参加する日本や東南アジアのNGO関係者=ポーランド・カトウィツェで2018年12月8日午前11時36分、五十嵐和大撮影

 【カトウィツェ(ポーランド)五十嵐和大】気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)では例年、会場周辺で脱石炭などを訴えるデモが行われるが、今年はポーランド当局が「テロ対策」を理由に屋外での集会を規制しているため、鳴りを潜めている。背景には、世界有数の石炭産出国で、国内発電量の8割以上を石炭火力発電でまかなうポーランドの国内事情がある。

 「化石燃料への融資を止めろ」「温暖化対策は社会正義だ」。8日午後(日本時間同日夜)、会場近くの広場…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです