メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

三輪素麺 奈良県桜井市 細くてコシ強い歯ごたえ

冷やしそうめんと並ぶ人気という「トマト味噌(みそ)にゅうめん」。見た目よりもあっさりした汁が印象的だ=奈良県桜井市の千寿亭で、稲生陽撮影

 そうめんの代表ブランドと言えば奈良県桜井市の「三輪素麺(みわそうめん)」だ。日本の麺類のルーツとされ、その原形は奈良時代にまでさかのぼるらしい。そうめんは冷やして食べる“夏の風物詩”のイメージが強いが、近年は洋風にも仕立てやすいにゅうめん、お湯を注ぐだけのカップそうめんなど、年間を通じて楽しめるようになった。

 三輪素麺の製造販売大手で、三輪素麺販売協議会会長も務める「池利」の池田利一社長(70)によると、そ…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1260文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです