メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

あづま荒川クロスカントリー大会 雪舞う荒川沿い疾走 16レースに2003人 /福島

 第21回あづま荒川クロスカントリー大会(県北陸上競技協会・テレビユー福島など主催、毎日新聞社など共催)が9日、福島市の県営あづま陸上競技場を発着点に行われた。16レースに2003人が出走し、雪が舞う特設コースで熱いレースを繰り広げた。

 開会式で、ふくしま駅伝天栄村選手団の吉田喜晴さんと大平水菜さんが選手宣誓。その後、年代や性別などで分かれた16部門のレースが次々と行われ、選手たちは荒川沿いの2・4~13キロのコースで競い合った。

 最長距離の13キロを走る男子フリーには、最多の674人がエントリーし、陸上自衛隊福島駐屯地所属の横…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです