メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南相木村

村産カラマツ使い住宅、入居者を募集 /長野

 南相木村が和田地区に村産カラマツを使った村営の移住定住促進住宅を建設し、入居者を募集している。2階建て3LDK(延べ82平方メートル)で家賃は1万円(共益費別)。応募締め切りは20日。

 伐採期を迎えたカラマツの有効利用と移住・定住者を増やす狙いで、小学生以下の子どもを持つ村内外の子育て世代が対象。カラマツを多用した公営の住宅は珍しいという。

 木造2階建ての3棟6戸で、1棟に2戸が入るタウンハウス形式。1階がリビングやキッチン、2階が3室。…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです