四日市農芸高

生徒が育てた米で日本酒醸造 こうじ作り、瓶詰めも 近鉄百貨店で販売 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 四日市農芸高校(四日市市河原田町)で栽培した酒米で醸造された日本酒が、近鉄百貨店四日市店(同市諏訪栄町)で販売されている。同校生徒らは「栽培から関わった酒米が日本酒という形になって世に出るのはありがたい」と喜んでいる。

 同校は国際基準の農業認証「グローバルGAP」の取得に取り組む一環で、生産技術コースの3年生26人が近くの田んぼ(0・7ヘクタール)で初めて県の酒米「神の穂」を栽培し収穫した。中心的に活動した生徒ら6人は、…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集