メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つれづれラン日記

目指せ!サブ4 仲間の声援で目標達成 /山口

 2018年下関海響マラソンでのサブ4(4時間切り)の布石として、今年2月18日開催の北九州マラソンに、4時間半切りを目指して挑んだ記者(46)。走り込みの成果か、半分の21キロを過ぎても脚には余裕があり、順調にレースを進めた。

 このまま行けるかと思ったが、30キロの壁は思わぬ形でやって来た。脚にはまだ余裕があったが、のどが渇いて仕方なくなったのだ。たった2キロ先の給水所が待ちきれない。後で考えれば思わぬ暑さにやられたのだろうが、そんなことすら考えられず「なぜ急に苦しくなったのか?」という思いが頭の中をぐるぐる回った。ペースも1キロ5分50秒台まで落ち込んだ。弱気になりかけた30キロ過ぎ、沿道から「里花さーん! ナイスラン!」…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです