メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
道後温泉

「火の鳥」到来 本館工事の影響緩和策 来月15日から、入浴券やアニメでコラボ /愛媛

制作発表会で披露されたコラボ入浴券とつるの剛士さん(左)ら=松山市道後湯之町の道後温泉本館で、木島諒子撮影

 道後温泉本館の耐震改修工事による観光への影響緩和策として松山市が進めてきた工事を活用したPR事業「道後REBORN プロジェクト」が来年1月15日から始まる。手塚治虫の代表作「火の鳥」とコラボし、道後温泉の歴史をたどるアニメを制作するほか、本館正面玄関には火の鳥の到来をイメージした日よけ幕や灯籠(とうろう)をあしらうなどSNS映えも意識した演出で通常以上の集客を狙う。【木島諒子】

 プロジェクトは3年間で、エンターテインメント企業「ポニーキャニオン」が企画する。来年1月15日から…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文681文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです