メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

辛抱と長蛇=玉木研二

 <ka-ron>

 1877年8月21日。半年前に始まった西南戦争は死闘を重ね、南九州で終盤にあった。東京・上野公園では天皇・皇后を迎え、第1回内国勧業博覧会の開会式典が華やかに行われた。前日の雨も上がり、涼風が吹いたと東京日日新聞は報じている。

 内戦時の開催を危ぶむ見方もあったが、計画を主導した内務卿・大久保利通は実行した。富国強兵、殖産興業の一環である。美術、農業、機械など各分野から国内の優れた産品を集めて展示し、評価する。外国人も招き、貿易振興につなげようとした。

 欧米の国際博覧会(万博)を参考にした。蒸気機関による産業革命を機に豊かで多様な製品を生産し、交通手…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです