メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

バックフィット制度って? 安全対策に最新知見反映 関電3原発に適用か=回答・岩間理紀

 

 なるほドリ 関西電力の三つの原発が、火山噴火の対策を求められそうなんだってね。

 記者 そうなんです。美浜(みはま)、大飯(おおい)、高浜(たかはま)の3原発(いずれも福井県)では約200キロ離れた大山(だいせん)(鳥取県)が噴火した際の敷地内への降灰量について、約10センチと想定していました。原子力規制委員会はこれに基づく関電の安全対策を適切と認め、大飯3、4号機と高浜3、4号機は再稼働しました。しかしその後、大山からほぼ同じ距離にある京都市内の現地調査で約25センチの火山灰層があることが分かり、「従来の想定を超えた降灰の可能性がある」として、規制委が原発への影響を見直す方針を決めたのです。

 Q 安全審査に合格しても、追加の安全対策が必要になるかもしれないんだね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです