メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞授賞式 ムクウェゲ氏「共に声を上げよう」 性暴力撲滅、行動求め

ノーベル平和賞を受賞したムクウェゲ氏(右)とムラド氏=オスロで10日、AP

 【オスロ共同】紛争下の性暴力と闘うイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)と、コンゴ民主共和国(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)へのノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロで開かれた。ムラド氏らは演説で性暴力撲滅を目指し「共に声を上げよう」と国際社会に行動を要求。「正義を望む」と被害者支援も訴えた。

 ムラド氏はクルド民族少数派ヤジディー教徒で、過激派組織「イスラム国」(IS)の性奴隷にされたと実名…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文548文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです