メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞のムクウェゲ氏「共に声を上げよう」 性暴力撲滅、行動求め コンゴ各地、被害多数

コンゴ民主共和国の中央カサイ州で起きた性暴力被害を証言した女性。夫が武装集団に殺害された後、レイプされたという=「国境なき医師団」提供

夫の遺体隣でレイプ 娘3人も殺害され

 【ヨハネスブルク小泉大士】私はレイプされ、子供たちは殺された--。ノーベル平和賞を共同受賞したコンゴ民主共和国の産婦人科医、ムクウェゲ氏が長年にわたり告発してきた「武力紛争下の性暴力」。国際NGO「国境なき医師団」(MSF)が今年11月に発表した報告書は、コンゴ各地で被害に苦しむ人々が驚くほど多いことを改めて浮き彫りにしている。

 MSFがコンゴ中央カサイ州で2017年5月~18年11月に治療した性暴力の被害者は3000人超。こ…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです