米国

ケリー首席補佐官、年内辞任 政権人事混迷深まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ケリー大統領首席補佐官(右)とエアーズ副大統領首席補佐官=ロイター
ケリー大統領首席補佐官(右)とエアーズ副大統領首席補佐官=ロイター

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権の人事を巡る混迷に拍車がかかる可能性が出てきた。トランプ大統領は8日、ケリー大統領首席補佐官について「年末に辞任する」と明言し、後任を「一両日中にも発表する」とも述べた。だが、後任として本命視されていたエアーズ副大統領首席補佐官は就任を拒否し、政権を去ることを表明。政権運営の要である首席補佐官の後任選びが難航すれば、内政や外交への影響が出る恐れもある。

 トランプ氏は8日、ホワイトハウスで記者団に「ケリーは間もなく去る。引退と言えるか分からないが、偉大な人物だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文847文字)

あわせて読みたい

注目の特集