メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーウェイCFO拘束

中国猛反発 カナダに対抗措置も

 【北京・赤間清広】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が拘束された問題で、中国政府は対抗措置の実施を示唆するなど反発を強めている。中国を代表するハイテク企業であるファーウェイの動向は中国の産業政策に大きな影響を与えかねないためだ。

 孟氏は米政府の要請を受けたカナダ当局により今月1日に拘束された。イラン経済制裁を巡る詐欺容疑がかけられており、身柄を米国に移送され有罪判決を受ければ、最大30年の禁錮刑を受ける可能性がある。

 中国外務省の陸慷報道局長は10日の記者会見で「この問題が深刻な結果をもたらした場合、すべての責任はカナダ自身が背負うことになる」と述べ、孟氏が早期解放されなければ対抗措置を講じる可能性があると警告した。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  3. 香川ゲーム条例 違憲訴訟を起こす高校生を突き動かした思いとは

  4. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  5. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです