メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 与党と超党派、救済法方針案を一本化 一時金の額、先送り

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた障害者らへの不妊手術を巡り、与党ワーキングチーム(WT)と超党派の議員連盟は10日、一本化した救済法の基本方針案を、それぞれ了承した。本人の請求に基づき、厚生労働省が被害認定した人に一時金を支給するとの内容。一時金の額は明記せず、法案提出までに決めるとした。与野党は来年の通常国会での成立を目指す。【藤沢美由紀、原田啓之】

 与党WTと超党派議連はこれまで別々に救済策を議論してきたが、方向性がおおむね一致したため一本化を図…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1228文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです