メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

知的障害者団体、不妊手術「助長」 過去の機関誌検証

 知的障害者団体「全国手をつなぐ育成会連合会」は10日、1950~70年代に機関誌で旧優生保護法の不妊手術を助長していたとの検証結果を発表した。久保厚子会長は厚生労働省内で記者会見し「会として真摯(しんし)に反省する」と語った。

 同会は10月、不妊手術への同会の関わりを明らかにするため、大学教授、弁…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです