メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

知的障害者団体、不妊手術「助長」 過去の機関誌検証

 知的障害者団体「全国手をつなぐ育成会連合会」は10日、1950~70年代に機関誌で旧優生保護法の不妊手術を助長していたとの検証結果を発表した。久保厚子会長は厚生労働省内で記者会見し「会として真摯(しんし)に反省する」と語った。

 同会は10月、不妊手術への同会の関わりを明らかにするため、大学教授、弁…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです