メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 進化するインターンシップ 実店実習や4週間の海外派遣も

大阪府河内長野市の「奥河内くろまろの郷」でのインターンシップで、来場者に飲み物を手渡す帝塚山学院大の学生たち=9月1日、関野正撮影

 大学生のインターンシップ(就業体験)が一般化する中、その内容も多様化している。現状と今後の動向などを探った。

 ●参加率は7割超

 就活生向けにマイナビが行っている調査によると、10月中旬時点での就活生のインターンシップ参加率は72.8%と3年連続で増加し、平均参加社数は3.0社だった。実際に参加して印象に残った企業のインターン期間を見ると、「1日」が48.3%と最も高いものの、「1週間以上」も30.1%と、期間が長いことによる印象の高まりもみられた。マイナビの高橋誠人編集長は「インターンシップが一般化する中、その内容は多様化している。モバイルPCやiPadを貸し出し、eラーニングの手法による遠隔インターンシップを始めた企業も出てきた」と説明する。

 「道の駅」でのインターンシップも近年、注目を集める。地域の観光資源や魅力を語る人材が集まっていると…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです